ここんとこ大阪もグッと冷え込んでおります。この時期になると代謝が衰え胃腸が弱るので、長年習慣にしている週二回の水泳に加え、毎朝10分のウォーキングも始めました。スッピン顔で、お尻プリプリ競歩なみのスピードウォーキングなので、こっちに向かってきたらコワイでしょうねぇ。

さて、先週末はVin Gohan大阪の皆さんと忘年会でした。南大阪にお住まいの方が多いので、会場に選んだのは藤井寺「鳥鳥」。新鮮な鶏の刺身と串焼き、そしてこだわりのワインと日本酒を取り揃える夢のような焼き鳥屋さんです。DRCも置いてらっしゃるとか。

参加者のお一人からご要望をいただいてたので、今回、お薦め家飲みワイン、お薦めワイン教本、お薦めネットショップを皆さんにまとめてご紹介させていただきました。年末年始のお買い物にお役立ていただければと思います。

というわけで、今回もしっかりマリアージュをお楽しみいただきました。

まずは新鮮な鶏刺し(レバー、砂ずり、こころ、ササミ)に合わせて、福島「寫樂(しゃらく)」純米吟醸 火入れを、兵庫県産(播州)の山田錦と愛山で米の味わいを比較。

DSC01460

山田錦は華やかな吟醸香を持ち上品で綺麗、愛山はふんわりとした甘味に奥深い米の旨味がある。火入れなので料理にとてもよく合う、鶏には特に愛山。

DSC01458

モモのタタキにも抜群
DSC01461

串焼きには小さなサプライズが仕込まれてあり、思わずニンマリしたのがこちら「半熟味付けウズラ煮玉子」。これがお店で注文したスパークリングとヤバ旨!さすが、蕎麦つゆにも必ずウズラ卵を添える大阪ならではの逸品。

DSC01465

さていよいよワインの出番。今回、焼き鳥に合う赤ワインを二本持ち込ませていただきました。

まずは黒七味をかけた背肝の炭火焼きに合わせて「クローズ・エルミタージュ ドメーヌ・ド・タラベール1995/ポール・ジャブレ」。牛ハラミに対抗できるのは鶏の背肝と思っています。

2014-12-131

“ふんわりつくね” “セセリのネギぽん”などに合わせて「テヌータ・マルケーゼ・アンティノリ キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ1997/アンティノリ」。このワインはタレ焼きにもOK。“ふんわりつくね”には、これまた山芋をしのばせてあり超フワフワ~。

DSC01467

和食と中華に万能なキャンティ・クラシコにどっぷりハマリ中。炭火焼・鶏赤モツ・黒七味にはサン・ジョセフもお薦めです。

DSC01468

次回のVin Gohan大阪もどうぞお楽しみに!
開催告知メール配信ご希望の方は下記までお気軽にどうぞ。
yuri*vingohan.com(*を@に変えて送信してください)
ちなみに前回はこんな内容で開催しました。

鳥鳥(ちょうちょう)
TEL 0729-37-3117
大阪府藤井寺市御舟町2-37



 
スポンサードリンク