ワイン飲みはパンを食べる機会がどうしても多くなりがち。小麦の摂り過ぎは身体に良くないらしいし、安全性も心配なので、重い腰をあげて食生活を見直すことにしました。

パスタや麺類は今すぐやめられないので、まずは毎朝のパンから小麦粉を減らすことに。というわけで、玄米粉をまぜた「米粉パン」と冷ご飯をまぜた「ごはんパン」をホームベカーリーで焼くことにしました。

強力粉、玄米粉、パスタも国産に切り替えました。まずは入手しやすい北海道産のものから試してみることに。

DSC01841-001


一斤あたり強力粉を100g減らせる「ごはんパン」はこんな感じ。耳がカリッと香ばしく、中の食感はモチモチ。腹持ちもいいし、普通のパンより美味しいので続けられそう。ただ、やっぱりご飯ですね、ジャムを塗ると違和感あります。けれど小豆のアンコがとてもよく合うからOK。水分が多いので、野菜室で保存しています。

DSC01848

玄米粉が届いたので早速簡単なお菓子を焼いてみました。前々から玄米も取り入れたかったけれど、腸があまり強い方ではないので、玄米粉がいいかもしれません。

ブログに載せるつもりじゃなかったので、かなり怪しい風貌ですが、名付けて「玄米ボーロ」。玄米粉、卵、きび砂糖、サラダ油、重曹、コーンスターチ、塩少々に日本酒を加えて風味付け。米粉は小麦粉と違って粉をふるう必要がないので、全部混ぜて丸めて焼くだけ。

玄米粉の持つ、きなこのような香ばしい風味が、日本酒の上品な香りと実によく合い、元々和菓子好きなのでクセになりそう。黒糖や甘納豆を入れてみたり、いろいろ試してみたくなりました。

笑いを取るため、オカメの湯呑に入れてみました。愛飲している万能茶と。

かなり以前から電子レンジで調理するのも止めたので、お菓子もダッチオーブンに入れて魚焼きコンロで焼いています。火で調理する美味しさを日々実感しています。

DSC01843


スポンサードリンク