本町「カランドリエ」が満席だったので、ワイン会利用に良さそうだと気になっていた心斎橋「リュミエール」にランチしに行きました。

大阪市内を中心に8店舗を展開する唐渡オーナーシェフは、レストラン経営だけでなく、この心斎橋店でちゃんと料理されていました。

image
自分主催のワイン会「Vin Gohan」は、遠方からご参加の方もいらっしゃるので、日曜ランチが定番になりそう。

となると、心斎橋のど真ん中とは思えない、ゆったりとした寛ぎの空間で、充実のスペシャルランチコースが4500円でいただけるこの店はとても貴重。

しかも、室料たった4000円で、最大10名まで入れる個室が利用できるのだと。

バターやクリームを極力控え、ヘルシーでありながら旨味をしっかり引き出した料理は満足度が高く、目にも鮮やかで、女性にファンが多そう。

レモンクリームとはらわたのソースをあしらったホタルイカと蛤の前菜が、春を存分に感じさせてくれました。

image


丸ノ内リゴレットから引き抜かれたソムリエが薦めてくれたグラスワインは、日焼けした若い娘のようなコルシカのピノ。連れが頼んだNZラム肉と抜群のマリアージュ。

シャラン産鴨

image


でも一番感動したのが実はデセール。根セロリのブランマンジェに、小松菜と牛蒡&黒砂糖のアイスを添えてあるのですが、甘さ控えめで野菜の風味濃厚なその味わいは、シンプルな見た目から思いもよらないほど鮮烈。

image


20種類以上あるハーブティーにいたるまで、女性の心を知り尽くしたニクい店。ビルのトイレとは別に、女性トイレもわざわざ店内に設置したらしい。んもぅ、相当やり手ですやん。


リュミエール
大阪市中央区東心斎橋1丁目19番地15号UNAGIDANI-BLOCK 3F
TEL 06-6251-4006




スポンサードリンク