苗を植えて一ヶ月半目の先週から本格的に収穫できるようになりました。

胡瓜は三日で育つので、週末農園だとどうしてもオバキューになってしまいますが、よくぞここまで育ってくれた!

image


茄子もこんなに!

image


枝豆は身が八分目ぐらいなので、来週収穫しよう。管理人さんが大の枝豆好きで、みんなの畑にも強制的に植え付けられています。豆類は取れたてが命、畑の醍醐味を感じさせてくれるでしょう。

image


先週、畑を耕して冬野菜の種蒔きをしました。種蒔きしてから一週間雨がよく降ったので、目覚ましい成長ぶりです。大根、紅芯大根、赤かぶ、人参の芽です。

image


ブロッコリーと芽キャベツの苗も植えました。次回は春菊、パセリ、九条ネギも植える予定。

image


天王寺から電車ですぐの畑だというのに、コウロギがいたりトンボが飛んでいたりして、秋の訪れを感じました。

image


というわけで、今日の収穫はこんな感じ。成長不良だった苦瓜太郎・二郎・三郎の悲願を見事果たしてくれた四郎・五郎・六助よ、ありがとう。胡瓜は最長で46㎝!これはきっと味がイマイチなので、キューちゃん風に生姜を利かせた胡瓜の佃煮にするつもり。

image


金山時味噌を片手に、胡瓜を大きさごとに比較してみたけれど、やっぱり小さいものは味が濃い。大きくなるにつれ青くささが増すように感じました。

苦瓜は薄くスライスして、出汁醤油と粉末の鰹節を入れた出汁で30秒ほど煮立たせ、出汁につけたまま冷蔵庫で冷やすだけのお浸しが一番好きな食べ方。

とれたて苦瓜はほどよい苦味こそあれど、えぐみがなくてビックリ!

ちなみに苦瓜の苦味とツルムラサキの青臭さは鰹節が消してくれます。写真はないですがツルムラサキはおかかマヨネーズ和えにしたり、油と相性がいいので炒め物にします。

茄子もとれたてはアクがなくて驚きました。輪切りにしてソテーし、玉ねぎスライスと共に「秋鮭の南蛮漬け」にしましたが、主役をかっさらうほどの旨さ!甘くて柔らかくてトロけるような食感でしたよ。

それにしても管理人さん、

「野菜の味、違いまっしゃろ?特にとれたての枝豆はホンマ最高でっせ!それとビールさえあれば他なんもいりまへんねん」て久々に聞きましたよ、その大阪弁。週末は野菜と管理人さんに癒されてます。





スポンサードリンク