一年ほど前に食生活を改善してから体重が2kg減り、今も安定してます。

「たったの2kg?」と思われるかもしれませんが、元々痩せぎみだったのに2kgはかなりのものなんです。

現在、身長が165cmで体重46kg。さすがに男性ウケ悪いので、これ以上痩せないように気を付けていますが。

で、食生活の改善とは具体的に言いますと、脱小麦粉です。

小麦粉は身体に良くないと言われてます。私は栄養士でも医者でもないので、その辺の詳しいことは、すいませんが調べていただけたらと思います。

脱小麦粉するもう一つの理由は、パンやパスタをやめることで、和食中心の生活になるから。

糠漬け、味噌、納豆など、もともと発酵食品が大好きなので、和食に切り替えることにより、これらを積極的に取り入れ、腸がとにかく調子いい。元気モリモリ、○○○モリモリ!(これ、やめなさい)

するとお肌のキメも整ってくるから不思議。それで、ちょっと自信がついたのでショートヘアにもしてしまいました。

冬は毎日のように粕汁を食べていたせいか、風邪は一度も引きませんでした。引きこもり生活なのもありますけど(笑)

けれど、私も麺類には目がなくて、完全に止めるとなるとストレスになります。

だから、桜井食品の国産小麦のパスタを、週に1~2回食べていいことにしています。たまには羽目を外すことも大事。まずは小麦粉の頻度を減らすことから。そして安心の小麦粉を。

image


国産小麦のパスタと聞くと、うどんを想像されると思いますが、食感はシコシコしていて稲庭うどんのような伸びもありますが、ソースがほどよく絡む適度なコシが、うどんと一線を画しています。

これによく合うのは「釜揚げシラスと紫蘇のパスタ」。オリーブオイルでニンニクと鷹の爪を炒め、釜揚げシラスも入れてさっと炒めたら、軽く醤油で味付けし、茹でたパスタと絡め、千切りの紫蘇をたっぷり乗せるだけ。※ シラスに塩分があるので醤油は控えめに。

釜揚げシラスが好きでチヂミやサラダや、いろいろ作るんだけど、このパスタは間違いなくシラス丼と並んで、最も旨いシラス料理と認定します。

ダメじゃん、そんなにパスタを美味しくしちゃ(笑)

昨夜は鶏肉のトマト煮に、ちょっとボリュームアップしたくて、ゴボウとマカロニを入れました。マカロニはあらかじめ茹でなくても、トマト煮の鍋に直接入れて、一緒に煮込んじゃえば簡単&味がしみる。これにサンジョベーゼのワインは勿論、「臥龍梅」の純米酒にもいけました。

だ~から、パスタ美味しくしちゃダメだってば(笑)







スポンサードリンク