今回の旅の目的である「<a href="https://www.adachi-museum.or.jp/" target="_blank" title="">足立美術館</a>」に行ってきた。

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/7/7/774c1422.jpg" title="image" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/7/7/774c1422-s.jpg" width="480" height="640" border="0" alt="image" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

8月31日~11月30日まで「文化勲章受章の作家たち」と題して秋季特別展が開催されているが、同美術館の見どころは名画だけではない。

アメリカの日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が、900か所以上の日本庭園を対象に行った「日本庭園ランキング」で、足立美術館が桂離宮を抑えて14年連続日本一に選ばれた。

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/6/f/6fd729cc.jpg" title="IMG_0086" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/6/f/6fd729cc-s.jpg" width="480" height="320" border="0" alt="IMG_0086" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

5万坪にも及ぶ広大な庭園は、「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、とにかくスケールがでかい。館内に数か所ある茶室からも絶景が望め、一日ゆっくりと過ごしたい美術館だ。

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/b/5/b5b1a57e.jpg" title="IMG_0050" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/b/5/b5b1a57e-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0050" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/2/b/2b397f75.jpg" title="IMG_0091" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/2/b/2b397f75-s.jpg" width="480" height="320" border="0" alt="IMG_0091" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/8/1/8150bc8f.jpg" title="IMG_0082" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/8/1/8150bc8f-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0082" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/4/4/443068fd.jpg" title="IMG_0077" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/4/4/443068fd-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0077" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/6/f/6fa5b4a8.jpg" title="IMG_0084" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/6/f/6fa5b4a8-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0084" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

近代日本画壇の巨匠たちの作品を約1500点収蔵。

今回は、横山大観をはじめ、竹内栖鳳、榊原紫峰、川合玉堂、上村松園ら、およそ70点の作品をじっくりと鑑賞した。ここの創設者が美術収集を始めるきっかけとなった横山大観の大作「紅葉」も拝むことができた。

北大路魯山人、河井寛次郎の作品を展示した「陶芸館」も見応えがあって、わざわざ来た甲斐があった。

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/7/7/7797b9b4.jpg" title="IMG_0100" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/7/7/7797b9b4-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0100" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

この美術館を創設したのは、島根県安来市出身の実業家・足立全康氏。経歴を読むと只者じゃない。

幼少期は出来が悪かったが、小学校を卒業してから木炭の小売を始め、14歳ですでに大人たちを雇って商売をする。

敗戦後、焼け野原となった大阪を拠点に、繊維問屋、金融業から不動産業へと手を広げ、一代で財産を築く。

1970年71歳の時に足立美術館を創設。

ナスビの絵を色紙を書き、美術館のロビーで販売するチャリティーを行い、一万枚の売上金一千万円を社会福祉基金として山陰中央新報社に寄付。

エネルギッシュな人だ(笑)

<a href="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/1/c/1cba9ab8.jpg" title="IMG_0051" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/yuriyoshida-mainichi/imgs/1/c/1cba9ab8-s.jpg" width="480" height="720" border="0" alt="IMG_0051" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

北大路魯山人の言葉、河井寛次郎の詩、ここでは紹介しきれないぐらい学ぶことがあって、偉人たちの才能に触れられた、とても刺激的な旅になった。

スポンサードリンク