今回から「うんちくメモ」シリーズを始めまーす。
早いもので今年も大掃除の季節がやってきました。そこで今回は洗剤のうんちく。

今、重曹やクエン酸のような環境に優しいナチュラルクリーニングが人気ですよね。すすぎや二度拭きの手間も省けるので、日頃の掃除にはとても助かります。

けれどまさか頑固汚れまで落とすものがあるとは、恥ずかしながら最近まで知りませんでした。

その名も「アルカリウォッシュ」(セスキ炭酸ソーダ)。ドラッグストアや百均で購入できます。


《セスキ炭酸ソーダの特徴》

炭酸塩と重曹の中間的性質を持つ物質で、重曹よりややアルカリの強い弱アルカリ性。家庭用洗剤にも配合されおり、重曹より油・皮脂・血液の汚れ落としが得意。
水に溶けやすく水溶液は長期間保存も可能(1~2ヶ月)。


使い方

【掃除】
キッチンの油汚れに(コンロ、レンジフード、電子レンジ)
手垢汚れに(冷蔵庫の取っ手やドアノブ、電灯のスイッチ)

【洗濯】
洗濯前にシャツのえり・そで汚れにスプレーして5分放置。
軽い汚れなら洗濯機用洗剤として水30Lあたり大さじ1杯(すすぎは一回でOK)
※入れすぎるとゴワゴワになるらしいので注意

【消臭・除菌スプレー】
水溶液にアロマオイルを垂らし下駄箱、水回りなどにスプレー。気分も爽やか♪

FullSizeRender

では実際にどれぐらい汚れが落ちるのか恥をしのんでお見せしましょう。

昨年キッチンをリフォームして以来、新しいレンジフードをどう分解掃除していいかわからず、今日まで放置していましたが大掃除してみることにしました。

弁解しておきますが、それ以外の掃除はこまめにやってますからね!


【レンジフード大掃除に用意するもの】
  • アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)
  • スプレーボトル
  • マイクロファイバークロス
  • 新聞紙
裏書きによれば一般的な掃除には「水500mlに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1」とのことですが、今回は水500mlに大さじ1で水溶液を作りました。

IMG_7286

毎日のように料理するのでかなり汚れていました。下に新聞紙を敷いておき、油汚れにたっぷりスプレーしました。

すると、すぐに油汚れが浮き上がり、茶色い水がポタポタと垂れてきます。壁にも伝ってきますので、ビニールなどで壁もしっかりガードした方がいいでしょう。

キッチンペーパーなどで湿布しなくても吹きつけるだけで、こんなに即効性があるとは思いませんでした!しばらくそのまま放置。

IMG_7287

その間に換気扇を取り出し、アルカリウオッシュを溶かした湯につけ置き。それを二回ぐらい繰り返した後、中性洗剤で洗っただけで、ほぼ汚れが落ちました!細かい隙間はやっぱりブラシでの手作業は要りますが。

IMG_7288

そして先ほどのレンジフードの浮き上がった汚れを新聞紙で拭き取り、最後にマイクロファイバークロスで拭き上げれば終了。中性洗剤も一切使っていないのに、こんなにピッカピカ!

IMG_7243

同じくスプレーして拭き上げたカバーを取り付ければお掃除完了!

IMG_7246



Amazonを見たら口コミがすごいことになってる。ひょっとして知らなかったの私だけ?

だんだん松居一代っぽくなってきたぞとか言わないでね (笑)




スポンサードリンク