魚介が好きな友人と会うことになり、ピン!ときたこの店へ。

大国町の木津市場にある魚介イタリアン「イル・ポーベロ・ディアボロ」(貧乏な悪魔)。

以前、詳しく紹介した記事がこちら です。


あんなに興奮してみんなに宣伝しまくったのにもかかわらず、次第に引きこもりになり、食べ歩きも激減し…

気が付けば4年も経っていました
 Σ(゚д゚lll)ガーン

なのにシェフは覚えてくださってて恐縮した次第。一体自分は4年もの間、何をしてたんだっけ?と考え込んでしまいました。


それはさておき、

前回訪れた時、シェフはひょろっと細身のまだお若い29歳だったのですが、その見た目を大きく裏切り、料理は挑戦的で刺激的で、末恐ろしい才能の持ち主だと思いました。

そして4年経った今も方向性は変わることなく進化を遂げ、ワインのペアリングで、より一層楽しませてくれる大人の通なお店になっていました。


画像左上:背子蟹を殻ごとミキサー、海老芋のピューレ、蟹の出汁にリンゴのチャツネがアクセント
画像右上:スパイシーな料理に合わせてワインは南アフリカのケープロック「アサイラム」シュナンブラン主体にヴィオニエなど

画像右下:鰆に根セロリやヤーコン、梨のスープ
画像左下:爽やかな料理にサンセールのシレックス土壌のソーヴィニヨンブラン。

FullSizeRender


画像左上:朴葉焼きで燻香の鯖、下には金時人参のピューレ、発酵柿とビネガーで
画像右:もみじ鯛に浅利やブロッコリー、グリーンレモンの風味
画像左下:サルタレッリの最上のヴェルディッキオ「バルチャーナ」があらゆる食材を難なくこなす

IMG_0234

画像右上:自分史上最高にオシャレな鰤大根。
画像左上:甘酸っぱい大根シャーベットによく冷やしたマルツェミーノとサンジョベーゼのブレンド。

画像右下:鱈のロースト、菊芋、白子に鱈のソース
画像左下:旨味ののった繊細でやさしい料理に、フーバーのピノ「マルターディンガー2016」

IMG_0235

画像左上:この日だけ奇跡的に入った鹿児島の鴨をビーツのソースで。
画像左下:ヴェネトのソレール2015。マルツェミーノやメルローのブレンドで、芳醇で素朴さもあり。

IMG_0236

シェフの肉料理を一度いただきたかったので超ラッキーでした。魚介のみといわず、肉も是非コースに入れていただきたい、それぐらいのシロモノでした。

食レポが久々すぎて、ぎこちないブログになってますが、画像を見ていただければ愛が伝わったでしょ?

ああ良いお店、ご馳走さまでした。







スポンサードリンク