4歳になる姪っ子が久々に遊びに来ていたので、何もかもほったらかして3日間べったり遊んでいました。

滋賀県のほどよい郊外で、おっとりした性格の弟夫婦に愛情いっぱいに育てられた姪っ子は、明るく元気で好奇心旺盛、関西弁でよく喋るのでずっと大人を笑わせてくれます。

FullSizeRender

ちなみに姪っ子は、甘いお菓子は嫌いで、おやつに枝豆や黒豆ばかり食べていて、肉より魚が大好物。

そのせいか、泣いたり駄々をこねたりせず情緒が安定しているように思いました。


今の子供の脳と身体の発育の良さは、私らの頃とは比べものになりませんね。

食べ物もいいし、幼稚園の教育も遊び道具もレベルが向上しているからでしょうか。どの家庭でも「うちの子は天才」と思うんじゃないかな(笑)

それぐらい一緒に遊んでて、大人の自分まで楽しいのです。

そんな姪っ子は、とにかく勝負事が大好き。


カードゲーム「UNO」や、ドラえもんの麻雀「ドンジャラ」をやらせたら1~2回でルールを完全に覚えて、どんどん熱中しはじめ、最後は全員の手の内を公開させられ、答え合わせまでする熱心ぶり。

他人同士の罰金の支払いにまで口出しし、やたら仕切るし(笑)叔母とキャラかぶるやん。


今回、新たにダーツを買って用意していました。子供用ではなく大人用の本格的なやつ。



運動音痴な姪っ子は、最初、身体を動かすゲームに苦手意識を持っていて、やろうとはしませんでした。

だから知らん顔して大人だけで楽しんでいたら、翌朝早起きして出来るようになるまで練習していたみたい。最後は大人と混じって本格的に楽しむことが出来ました。

そうやって一つずつ成功体験を積み上げていってほしいものです。


散歩している時に暇だから「しりとり」して遊んだのですが、予想以上に言葉や名称を知っていてポンポン出てくるのに驚きました。「る」で「るすばんでんわ」と姪っ子が言った時に、時代の流れを感じました。

お絵かきや折り紙もやりたいし、プラネタリウムも観に行きたい、ピアノやウクレレも教えたい・・・

5歳までに脳の殆どが完成するというので焦るけど、毎回時間はあっという間に過ぎていくんですよね。

今度会う時はまた大きくなってるんだろな。とりあえず次回はジェスチャーゲームをやろうね。

IMG_0383









スポンサードリンク