ブログを長らく放置してしまって、見に来てくれた方には本当にすいませんでした。ぼちぼち再開していきます。

5年ほど施設に入っていた叔母が先週亡くなりました。

父も今施設に入っていますが、脳梗塞で倒れる2019年6月まで、毎日欠かさず叔母の面会に行ってました。だから私ら家族にとっても叔母は身近な存在でした。

叔母は享年74歳でしたが、髪は黒々として顔にシミ一つない色白で、どう見ても60代にしか見えない美人でした。さっぱりとした男性的な性格の仕事人間でしたが、膨大な数のセーターを残していった編み物の達人でもあり、私に手芸の楽しさを教えてくれました。

寂しくなりますが、天国で思う存分編み物してほしいと思います。

これは亡くなった叔母が編みかけにしていたノースリーブの夏セーターを、もう一人の叔母が仕上げて私にくれたもの。叔母も私も黄色が大好き。一生大事に着ようと思います。

IMG_20200704_065714~3


叔母や父と接してきた自分は、死や終活について周囲の同年代の誰よりも意識していると思っています。

叔母の死に接し、私はまた大きく方向転換しようという気になりました。

(あまり長いとブログ続かないので、文字数はこれぐらいにしときます)

スポンサードリンク