ここでは感動しっぱなしでしたが、特に豊田佐吉の不屈の精神には心揺さぶられました。

豊田佐吉は1867年に静岡県湖西市の貧しい大工の家に生まれました。生家跡が記念館になっていて、以前そこも見学してきたんですよ→ 豊田佐吉記念館

小学校を出てすぐ父の仕事を手伝っていた佐吉は、観音堂での夜学に参加するようになり、日本が産業立国として繊維業に力を入れていること、「専売特許条例」が公布されたことを知りました。

IMG_20200828_110459~2

母が効率の悪い手織り機で苦労しているの見て育った佐吉。

サミュエル・スマイルズの『西国立志編』の中で、織機の発明家の話に深い感銘を受け、発明家を志します。周囲に変人扱いされながらも寝食を忘れ、納屋で織機の研究に明け暮れたのだそう。


まったく知識のないところから独学で始め、ついに1890年「豊田式木製人力織機」を発明、最初の特許を取りました。これでなんと生産性5割もアップ。

実演を見せてもらったのですが、ピタゴラスイッチ的な工作のアイデアが盛り込まれていて興奮しました。

「0から1を作りだす」ことは血のにじむような努力だったはず。発明には資金が要るので妻と弟が支えたらしい。

豊田式木製人力織機
IMG_20200828_105627~4

その後も発明は続きます。

織機を開発するために、既製品の糸では品質が安定せず十分な試験ができないため、紡績機械を導入して自社で作ることに。ここから一貫生産体制が始まったんですね。

1918年、豊田紡織株式会社を設立。


そしてついに、改良の余地なしとされた日本初の動力織機「豊田自動織機G型」が完成!

その評判は世界を駆け巡り、英国の紡織機メーカー・プラット社から特許権譲渡の依頼を受け、1929年に100万円(現在の貨幣価値でおよそ20億円)で譲渡。

世界的な大手メーカーが、工業後進国だった日本から特許権を買ったことは、世界の注目を集めたのだそう。

翌年1930年、佐吉永眠。

素晴らしい遺産を残してくれてありがとうございました。


これが「豊田自動織機G型」。糸がプツンと切れたら機械が止まったり、糸がなくなったら自動で交換したり、数々の特許が詰まっているんですって。



綿をほぐす機械

IMG_20200828_112523~2

綿から不純物を取り除く機械

IMG_20200828_112542~2

糸を巻き巻き~♪ どころじゃないぐらいの高速回転

IMG_20200828_105248

複雑な柄も織れる現代の織機



まだまだ続く!


スポンサードリンク