季節の変わり目で肌も敏感に反応しやすい今日この頃。
皮膚科で処方される保湿剤「ヒルドイド」を美容目的で使う人が増えて問題になってましたよね。

家族が肌荒れで病院からもらってきたことがあり、試しに使わせてもらったけど確かに良かった。

そのヒルドイドのマルホ(皮膚科学に特化した製薬会社)と化粧品のコーセーが、高機能スキンケア「Carte カルテ・ヒルドイド」を9月16日、一部ドラッグストアで発売すると聞いて早速昨日買いに行きました。

オンラインショップは10月1日から。
https://carte-beauty.com/


ありました、ありました!近所のコクミンドラッグに。

でもクリームとオールインワンゲルがすでに完売!みんな早い。

IMG_20200920_151122~2

ちなみに、こんなソックリさんも売ってましたw

IMG_20200920_150940~2

化粧水は使わない派なので、今日のところは乳液を購入しました。

ちなみにホームページなどで調べた成分は下記のとおり。


【ヒルドイドローション0.3%】
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med_product?id=00067148

有効成分
ヘパリン類似物質 3.0mg

添加物
グリセリン、白色ワセリン、スクワラン、セタノール、還元ラノリン、セトマクロゴール1000、モノステアリン酸グリセリン、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル、カルボキシビニルポリマー、ジイソプロパノールアミン


【ヘパソフト薬用顔ローション】
有効成分
ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン

添加物
白色ワセリン、濃グリセリン、トリ (カプリル・カプリン酸) グリセリル、スクワラン、セリン、水添大豆リン脂質、フィトステロール、キサンタンガム、セタノール、無水クエン酸、クエン酸Na、パラベン


【Carteヒルドイド】
https://carte-beauty.com/

有効成分
ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、うるおいバリアCPX。

※うるおいバリアCPXはグリセリルグルコシド・スクワラン・セラミド類似ポリマー・3つのアミノ酸・濃グリセリンを独自の比率で組み合わせた保湿成分。
※セラミド類似ポリマーはグリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、3つのアミノ酸はセリン・テアニン・アセチルヒドロキシプロリン。



同じ乳液ということで、早速「ヘパソフト顔ローション」と使い比べてみました。

IMG_20200921_080953~2

どちらも、のびが良くて肌にのせた瞬間からイイ感じ。

10秒ぐらいハンドプレスしながら浸透を確かめていきます。

「ヘパソフト」はもっちりとした潤いが持続する感じ。人によってはこれ一本で足りる人もいるんじゃないかな。薄い潤いベールで覆われているといえば言い過ぎでしょうか。やっぱり売れてるだけあって優秀。

対して「カルテヒルドイド」の乳液は、ゆっくりじんわり浸透していきます。つけた後、ヘパソフトほど肌表面のもっちり感はないですが、中からしっとり潤っている感じ。使い続けるたびに効果が出てきそうな予感がします。

クリームとオールインワンゲルも使ってみたい!


ちなみに、ヘパソフトと同じロート製薬の、顔&ボディ乳液「ケアセラ」も愛用しています。

面倒な人はこれ一本でOK。夏の間、家にいる時はずっとそうしてましたから。

高機能スキンケア商品が手軽にドラッグストアで入手できる有難い時代になりました。

IMG_20200921_081534~2












スポンサードリンク