アクセントクロスとは文字通り、壁の一ヶ所だけ壁紙を変えて空間にアクセントをつけること。

そうすることでオシャレになるのは勿論、空間にメリハリができ、奥行きが生まれ、広く見える効果もあるそう。

というわけで、やって来たのは大阪市大正にある輸入壁紙の店「WALPA」。カッコイイ!ワクワクする!

IMG_20210328_131709

IMG_20210328_131455~3

天井まで両面ぎっしり壁紙が並んでいて、今日中に選べる気がしない!

IMG_20210328_134846

IMG_20210328_131609

よく見ると至るところにクロスが貼ってあるのですが、店内全体が妙に調和していて居心地がいい。流石でございます。

InShot_20210406_162140695


自分はこの日、ブルックリンインテリアに合う「コンクリート調」の壁紙を探しにきました。

アクセントクロスを貼る場所は、リビングの顔になるテレビの後ろの壁。

担当してくれた寺田さんという女性の接客が素晴らしくて、1言ったら10くみ取ってくれるし、カーテンにもお詳しく、いろいろ相談に乗っていただき、めちゃ楽しい時間になりました。

「ドアはネイビー」「家具はウォールナット」でブルックリン希望と伝えたら、やっぱりレンガを薦められました(笑)

無骨過ぎるのは抵抗あるので、レンガは正直考えていなかったのですが、なぜか寺田さんには身を任せたくなりました。

それに、自分の好みのものを寄せ集めても調和がとれるとは限らないことを経験していたから。

でもどれもピンときません。服でも何でも三色入ってないと落ち着かないのです。

IMG_20210328_133357

そう呟いたら寺田さんがこれを出してくれました。

いいですね~!かなり無骨ですが色が気に入り、これに決めました。

IMG_20210328_135143

えーでも大丈夫かな!?
決めた後もドキドキしていたら寺田さんが、

「3メートル四方のアクセントクロスなら、これぐらい派手にいかないと」

と背中を押してくれました。ありがとう、それ待ってました。

お会計したら、リーズナブルでびっくり。
スクリーンショット (2)

ああイイお店。いろいろ貼りたくなっちゃうなぁ。

IMG_20210328_134844


ちなみにサンゲツにも膨大な種類の壁紙があり、ショールームがとても見やすくサンプルもたくさん貰えます。

サンゲツでは、和室の壁に貼る「コンクリート調」と、襖に貼る「銀粉柄」の壁紙を既に購入。珍しい形の障子は撤去せずに黒に塗って再利用。もう一つの窓は障子を撤去してツインのプリーツスクリーンに。木目の天井はそのまま。こんなイメージ。

00000IMG_00000_BURST20210406173615389_COVER

サンゲツのアイアン柄のダイノックフィルム粘着シートがめちゃカッコイイので、手持ちのキッチンカウンタ―に貼ろうと思ってます。

しかし選択肢がいっぱいあって良い時代ですね。

他にもイイお店みつけたので後日ご紹介します。






スポンサードリンク