今回のリノベで特に気に入ってるのが、ダイケンの床材ナニックのウッドブラインド
PXL_20210503_081510268~2
サンゲツで出しているNA型は、ナニックの標準のGシリーズ。いろいろ他社と見比べましたが、Gシリーズでもかなり満足のいく質感でした。色はエスプレッソでラダーテープは黒。
PXL_20210503_081628713~2

腰高窓なので、上げ下げはせずに下ろしっぱなしなのですが、操作もしやすく重量も気になりません。

一日を通して差し込む陽がいろんな表情を作り出してくれ心なごみます。

観葉植物にも直射日光より、木漏れ日のような光がいいみたいで嬉しそう。

PXL_20210510_224638770

PXL_20210506_062241043

水回りもアメリカンと行きたかったのですが、トイレや洗面所はどうもモダンが落ち着くし飽きないので、こんな感じにしました。トイレと洗面所のクロスは防水機能を重視して選んでいます。

床のクッションフロアはどちらもサンゲツ。洗面所は髪の毛やほこりが目立ちにくい大理石調にしたのですが、やや白味が強すぎました。

InShot_20210511_073706979

最後にキッチン。キッチンは過去にいろいろやったので、あまりこだわりなし。

こだわったのは高さを90cmにすること。(身長164cm)

前回のリノベではLIXILのアレスタにオプション付けまくって、キッチンだけで予算オーバーし大反省。そのおかげでLIXILの社員が気に入ってくれて物件を購入してくれたのですが。

キッチンはいろんなメーカーを経験したので、今回は業者さんの取引しているメーカーどこでもOKと伝えたところクリナップになりました。

クリナップのラクエラには、上からグランド、コンフォート、シンシアとあります。

アイランドキッチンなら迷わず、グランドのストーン調を選ぶのですが、今回は奥まった所にあるキッチンなのでコンフォートにするつもりでしたが、イメージする扉カラーがなくて結局シンシアにしました。

けれど、コンフォートとシンシアは値段に大した違いはないので、引き出しの使いやすさでいうとコンフォートがお薦めです。しかもシンシアは取っ手の色が選べません。

それを我慢しても、このマットな黒にしたかった!

PXL_20210508_041152382~2

キッチンの吊り戸の裏に梁があるため、扉に苦戦されていて、コーナー部分は折り戸を今作ってくださってます。ありがたや。

取っ手もコンロもレンジフードも全部真っ黒にしたかったのですが、シンシアは取っ手の色が選べないので、引き出し下部のシルバーライン取っ手には黒ダイノックシートを貼ってあり、上部のシルバー取っ手には今からスプレーで黒にペイントします(笑)


オートグリルのガスコンロを注文していましたが、黒がなかったので標準のガラストップに変更。シンプルなので掃除が楽だから全然オッケー。黒落ち着く~

PXL_20210508_050947753

ちなみに、キッチンに購入した「MORY ステンレス シンク上水切りラック」が安定感抜群でお薦め。 PXL_20210508_044246848~2




今回、間取りも気に入ったのですが、何よりマンションは立地、管理、修繕費が重要なので、構造や気密性も含め、トータルでバランス取れてる物件を選びました。


コロナそっちのけでリノベを満喫したわけなんですが、なんか運気上がりそうな予感がしてます。YouTubeも再開しよう♪

まだ未完成のリビングも、いつか完成したらお見せしますね。

PXL_20210506_060954227

終わり
スポンサードリンク