平和が当たり前過ぎて、平和という概念さえ持ち合わせていなかった縄文人。

大陸から人が押し寄せてきた弥生からずっと戦争の世が続く。

マッカーサーは日本国民のことを
「12歳の少年」と言ったそう。

あの時から眠らされ、今も12歳の少年のまま。

PORTRAIT

このブログがとてもよく書かれているので是非ご覧ください。

https://gamp.ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12605591734.html?__twitter_impression=true

【以下引用】

凶暴な侵略思想を持っていた彼らからすれば、「平和」ほど憎らしいものはないわけです。(途中省略)

今、再びかつての凶暴さと侵略性を表に出し、暴れようとし始めた“彼ら”の危険性を澤野氏はずっと訴えてきました。


靖国神社は
「長州の長州による長州のための神社」だった…


「ソーシャル・ディスタンス」とは縄文スピリットのことです。

それは弥生グローバリストたちがこれまで徹底的に否定し、潰してきた生き方です。


伊勢神宮(内宮)、日の丸、君が代、
共通語、標準語、教育勅語、八紘一宇、日本人の精神と思われた「武士道」でさえも、明治以降に捏造されたものだったのです。





スポンサードリンク