昨夜、関東で地震があったようですが、皆さん大丈夫でしたか?

今年はいろんな事が起こると思っているので、日本列島どこにいても油断できません。

さて今回は、日本文明の歴史があまりにも古過ぎるというお話。

参考にさせていただいたのは、毎度おなじみ「むすび大学」の動画。

まず、最も古い文明は世界四大文明(エジプト、メソポタミア、インダス、黄河)だと我々は学校で教わりましたよね。

でもそう信じているのは日本だけらしい。

一番古い文明はシュメール文明だとみんな知っているのですが、日本人に知られると都合悪いんです。

なぜなら、シュメール文明と日本は大いに関係していたから。

それだけじゃない、

世界最古の文明が日本にあった可能性が高いというのです。

それを裏付ける証拠として、

神津島で採れる黒曜石が沼津や長野で発見されたそう。しかもそれらは3万8千年前のものだと判明。

発見されてから、まだ10年しか経ってないらしい。ホヤホヤ。

その古さにも驚きですが、神津島は伊豆半島から57kmも離れているのですよ。

石を持って泳ぐことは不可能なので、葦船を使ったのではないかとの推測に二度ビックリ。間違いなく日本人の暮らしがここにあったのです。

ということは、2万年以上前に流行したとされるコロナウイルスも経験していたのではないでしょうか。

参考記事

だから昔から、手を洗い、靴を脱ぎ、ハグではなくおじぎする文化なのかも。

日本人の感染者数が当初少なかったのは、遺伝子が関係していたかもしれないとは、三度ビックリです。

むすび大学の先生方がイイ事おっしゃってました。

「日本の歴史を勉強することで幸せになれるし、未来を変えられる。先生にも逆に教えてあげて」って。

これは南米原産の「パンパスグラス」。日本名で「シロガネヨシ(白銀葦)」

PXL_20211005_040303525~2

PXL_20211005_040224391


スポンサードリンク