幼い子供はかくれんぼができないそうです。
SNSでよく、子供の「かくれたつもり」シリーズの画像が流れてくるのですが、

それを見ると、子供はクッションに顔をうずめているだけで、全身丸出しの可愛い姿。

自分の全身を隠すというのは、他人の視点と自我がなければ難しいのでしょう。

このようにして、人間は大人になるにつれ、社会に順応するため、退化していくのであって、

実は幼少期が一番進んでいたのだと、なんのしがらみもなく成長していく植物を見て思うのです。

だから現代人はまず、子供に返ることを目指さなくては。

そのためには、

食生活を整え、早寝早起き、

執着せず、干渉せず、

顕在意識をニュートラルに保つ。


ベランダのプランターに苗を植えて一ヶ月、

キュウリは私の背丈にまで成長し、大玉トマトはプチトマトぐらいにまで成長しました。

いつも塩化マグネシウム風呂の冷まし湯をやってるから元気なのかも。

InShot_20220619_051543419



スポンサードリンク