「和泉市久保惣記念美術館」に行ってきた。
●その2
明治に綿業で成功した「久保惣」が旧本宅跡地に建てた「和泉市久保惣記念美術館」に行ってきた。敷地は5,000坪、東洋古美術を約11,000点を所蔵。「浮世絵オールスター」展では写楽・歌麿・北斎・広重の有名な作品がずらり。「赤富士」「大はしあたけの夕立」ほか、存分に堪能してきた。青銅のコレクションも見応えあり。紀元前3,000年の土器やシーボルトの絵を見て、また調べたいことがw

 午後から同施設のホールで、ここ出身の音大卒業生がお盆に集まり開催しているミニコンサートがあった。リストのピアノ曲も素晴らしかったが、日本人作曲家の合唱曲とピアノ曲が心に残った。そのうちYouTubeで歌うつもり。

なかでもフルートという楽器の奥深さを知り強い衝撃を受けた。尺八のような音色にはじまり、途中からまるで汽車の音のような疾走感。なんという奏法か調べても分からないので、違う演奏家の動画だけど是非ご覧あれ。いい一日だった。
動画はこちら

PXL_20220811_020722271~2

PXL_20220811_022500296

PXL_20220811_044615137

●その1
最近よく陰部の脱毛の広告が入ってくる。自分の老後を想定し、排泄時の世話をしてもらう時のためで、これを「介護脱毛」というそう。結構やってる人が多いらしい。意味わからんw それってガン保険と同じで、一種の刷り込みであり、それをやった時点で人生はそっちに向かっていくのに。
 そもそも陰毛は何のためにあるのか調べてみたら、衝撃から守ってくれるクッションの役目や、空気の層を作ってムレから防いでくれたり、ここにフェロモンを留まらせる役目もあるそう。美的な目的でやったとしても逆にモテなくなるというw
 やたら何か不自然に流行り出すと裏があるので分かりやすい。



スポンサードリンク