朝陽を浴びたくて毎朝30分のウォーキングを日課にしている。

住宅地を抜けて公園に行くので、いろんな花を見かけるのだけど、

今朝はこんな奇妙な花を発見。

PORTRAIT~2

絵手紙をやってる母にネタとして提供するため、名前がどうしても知りたくなった。

そしたらポッと頭に浮かんできた。

「ヤマカズラ」

ヤマカズラ?

そんな花見たことない。あったとしても知らない。

帰宅して検索してみたが「ヤマカズラ」は出てこなかった。けれどカズラの種類で上品な山野草の小花がたくさん出てきた。

期待したのに拍子抜け。

けれど諦めずに「食虫 カズラ」で検索してみた。

そしたらなんと!

この奇妙な花は「パイプカズラ」であることが判明!

何が言いたいのかと言うと、

前頭葉であれこれ思い巡らせずに、常に脳内をクリアにしておくと、いろいろ下りてくるようになる。

初めの頃はハズレる時もあったけど、だんだん精度が増してきた。

それに気付ける事もまた大切。

【追記】
検索していたら、ある植物研究家が食虫花の消化液を飲んだ記事が出てきて、味の感想を読んで笑った。

まるで白樺の樹液のよう、だと。

オタク過ぎてわからんw

ワインオタクも客観的に見ればこんな感じなのだろう。



スポンサードリンク