またしても衝撃の本に出会ってしまったので、今回はその前フリ。

毎週末、郊外へ野菜の買い出しに行く生活をひたすら続けている。

生産者の思いがつまった採れたて野菜の味を知ると、もう元には戻れない。


野菜たちが放つ生気に満ち溢れた空気感もそこでしか味わえない。

どの子を連れて帰ろうか‥‥悩みに悩んで一週間分の野菜を選ぶ。

PXL_20221211_010401922~2
帰宅したら半日かけて、野菜が新鮮なうちに下処理・保存作業。

自分の意思ではない、なにかによって突き動かされている。

自然界との交信。特に収穫の秋は止むことがない。

野菜を料理する際に必ずやることがある。

まずは野菜の元気を取り戻す。

きれいな冷水で丁寧に洗いシャキっとなってくれたら、新聞で優しく包んで保存袋に入れて野菜室。

なるべく自然に近い環境でリラックスさせてあげると料理してもちゃんと生きててくれる。

そして料理する時は野菜に知らせる。

「美味しく作るからね」

それを聞いてアタマおかしいと思う人は料理が上手くないと断言する。

言葉にはしなくとも、そうした対話の一つ一つが味に影響する不思議は、料理人なら分かってくれるだろう。

その根拠を解き明かした衝撃の本に出会ってしまったので次回のブログで紹介したい。

・・・・・・・・・・・
ずんぐりした良い生姜をみつけたらフードプロセッサーですりおろし、瓶に満タンで密閉して冷蔵庫で半月ほど発酵させると冷蔵庫で半年ぐらい持つ。
長ネギは小口切りで冷凍したり、ネギ味噌、和出汁きかせたカレーうどん風の味付けがオススメ。
InShot_20221220_075009964

茸は買ってきたらすぐに袋から出して室内でもいいから干してから保存すると長持ちする。

InShot_20221220_074508601

今週はビーツをシチューにしたり、カボチャとサラダに。茎は大好物のじゃこ炒め。豆は鮮度が命、買ったらすぐに料理。大根やカブは昆布と浅漬けにしておき、生り節とサラダに。味付けは生姜ぽん酢マヨ。ケールはにんにく・マヨ・オイスターソース炒め。

InShot_20221220_075701900




スポンサードリンク