神道は複雑だ。
古神道と国家神道があるから。

何を信じていいか分からない

そんな人に、この本が助けになるに違いない。

『神道の神秘』山蔭基央

神道の神秘―古神道の思想と行法
山蔭 基央
春秋社
2010-11-01





無信仰の日本人の末路

古神道には教祖、教義、戒律、偶像、組織が存在しない。

それが弱点となり、明治維新から敗戦を経て、衰退の一途をたどり、いびつな国家神道へと姿を変えた。

今の日本人の殆どが無信仰だといわれている。

西洋文明の物質面、学問面だけ受け入れてきた日本人。

唯物論者はここぞとばかりに全宗教を否定。

神も霊魂もなく人間は物であり、死後は何もないとする世界観は、日本人の倫理観に大きな悪影響をもたらした。

人は死ぬことですべてが終わるとなると、法に触れない限り何をやってもいい事になり、一秒でも長く生きることと欲望を重視するようになる。

人間に生まれてきたことの意味を知らないままで。


霊的なものを求める若者が増すばかりなのに、大人はそれに応えられずにいる。神社自体の目覚めが必要だと著者はいう。

霊的な問題への欲求は人間の本源なのだから。


激動の今こそ必要なもの

神道とは自然崇拝。人間、動物、植物、すべての自然物質の根源に、神の分霊が宿っているとされる。

人々は神を祭ることにより自らの内にある神の分霊(直日霊)を増強する。

そしてこれからの激動の時代に神道の「鎮魂」がとても重要になってくる。

鎮魂とは、心を身体の中心にある丹田に鎮め、魂の乱れを整えて直日霊を輝かせることだそう。

内なる神との対話を通じて、閃きや超越的な能力を受け取り、それに応えることが、自らの霊魂を進化させることだと、個人的には解釈している。

キリスト教は「奉仕」を通して自己の罪を消滅させようとするが神道は違う。

神に近づくために精進し、見えざる神の働きに奉仕する。

人のためにしてあげるという高慢ではなく、自らの心から溢れ出る慈愛が結果として他人を幸せにする、ということだろう。

そもそも神道とは、

現世以外に霊界・神界が実在するという確信があって初めて成立するもの。

神霊が降臨してはじめて神社となる。

PXL_20230118_010434698




スポンサードリンク