重い話だけど大事なことなので、あえて手短に書くとする。
2月末に父を看取った時、いろんな事実を知った。

看取りという選択かできるよう国の制度が整ったのが2017年とまだ日が浅いこと

そして

胃瘻や人工呼吸、心臓マッサージ以外にも

あらゆる医療行為が延命治療に繋がる可能性があること。

看取りに関する本を読んでいてショックだったのか、

胃瘻されてる患者が看護士に管を外してくれと懇願することもあるのだと

けれど家族の承諾なしにはできない。

いったい誰の為の延命治療なのか

本当にこの世は狂ってる

西洋医学教に洗脳された身内から我が身を守るために

「延命治療はしない」と意思表示する手を打っておいた方がいい。

家族の一人でも反対したら延命治療されるので、本人の強い意思表示が要る。

高齢者でなくても関係ない、誰でもその可能性はあるからよく話し合っておくべきだと思う。

何かの本で、

「死ぬとは一人でトイレに行くようなもの」だと表現していた。

一人で生まれ一人で死んでいく。

孤独死とは、実はとても自然な死なのではないかと思った。

例のごとく孤独死怖いよキャンペーンで恐怖を煽り、医療に繋げてきたのだろうけど

そもそも「死」の解釈がおかしいから見苦しいほどに「生」にしがみつくのであって

本来、「死」とはゴールなのだ。

父の穏やかな顔を見届けたらからこそ言える。

早いもので明日は四十九日。

PORTRAIT~2






















スポンサードリンク